学術ページ

2017年5月10日 水曜日

大阪府歯科技工士会北大阪支部 学術講演会

大阪府歯科技工士会北大阪支部 学術講演会
平成29年3月5日(日) 豊中市すこやかプラザ

 大阪府歯科技工士会北大阪支部学術講演会(主催:一般社団法人 大阪府歯科技工士会北大阪支部、豊中市)が
平成29年3月5日(日)に豊中市すこやかプラザにて開催されました。
私が講演1「信頼される歯科医療に向かって」と題して、症例を通じて診断から治療ゴールまでの流れと、そのステップにおける歯科衛生士や歯科技工士との協力・連携の重要性、そして治療に関わるメンバーが共通の認識を持って、同じゴールに向かっていくことの大切さを講演いたしました。治療における Esthetics, Function, Structure, Biology すべてにおいて、歯科技工士との連携が関わってきます。この講演が受講された会員の先生方の臨床においての一助であったり、学生の方の学習のヒントとなればと思います。
続きまして、講演2「審美修復治療における歯科技工士の役割」と題しまして Ray Dental Labor 都築優治先生の講演がありました。天然歯症例からインプラント症例における補綴修復を通じて、歯科医師と歯科技工士の連携の大切さ、歯科材料による特性の違いや、症例に合わせた技工テクニックについてなど幅広い内容での講演でした。
講演後の質疑応答も活発な意見交換が行われ、盛会であったことをご報告いたします。
理事 城徳 昭宏

投稿者 一般社団法人豊中市歯科医師会

カレンダー

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30